So-net無料ブログ作成
パソコン・物欲 ブログトップ
前の10件 | -

neokylin os 2018 [パソコン・物欲]

お仕事の方ご苦労様です。
相変わらずlinuxで遊んでいます。
今回の私のパソコンはi7-2600 osはneokylin mateデスクトップ

NeoKylinは中国製のosでかなりこわそう。redhat(fedora)系のosです。


NeoKylin-Linux-Desktop-6.0-x86_64-B045-20141201.iso
インストールはfedoraを参考にしてください。
私はwindows10でyumiというソフト
使ってusbに書き込んでインストール用usbを作成した。
yumiに書き込むときはiosの型式を指定するのですが、もっとも下の方の
try unlisted iso(via syslinux)を選択した。

downloadしたisoは
ハードデスクにインストールする時にも別途使用するのでマルチブートのosのフォルダなどに
iosの用意が必要です。インストールは希望のパーテションに短時間にできる。



NeoKylinの日本語化はmateコントロールセンターからjapaneseを選択すれば
終了です。ibus-kkcがインストールされていました。しかし日本語入力するには
mateコントロールセンターからenglishに戻す必要があります。
入力切り替えはctrl+shiftまたは全角半角が使える。かなモード入力は完璧にはできない。ローマ字入力はok。
$ibus-setup
ibus-kkcの設定ができたらまたまた、mateコントロールセンターからjapaneseにもどす。
#yum update してもすこしだけしかupdateされない。firefoxは最新をdownloadして
解凍して、/usr/lib64/に貼りつけるのだけれど,#sudo cajaで
古いfirefoxからrun-mozilla.shをとりだして最新のfirefoxフォルダに入れる必要がある。


pulseaudioは最初から入っているので最新のfirefoxが不都合なく動く。
・・・なのでneokylin osに不満はない。

結論、私たちのような素人はfedoraを初めから使用するべきでしょう。
以下参考画像
Screenshot3.jpg


Screenshot-1.jpg
screenfetch画像
Screenshot.jpg
Screenshot.jpg
中国語
Screenshot-2.jpg
日本語

タグ:neokylin os
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

freebsd11.1   2018 [パソコン・物欲]

Freebsd11.1

相も変わらずlinuxで遊んでいます。

今回の私のパソコンは、i7-4770K osFreebsd11.1 gnome3デスクトップ

linux万年初心者にとってFreebsd11.1はどうでしょうか。

Freebsd199312月に初リリースされている。

諸先輩のサイトを参考にさせていただきました。

 

 

 

 

 

[FreeBSD] 一般ユーザに root 権限を与え忘れて shutdown できないことに気がついた時にやるべきこと

FreeBSDでデスクトップ環境を構築する

FreeBSDでいろんなファイルシステムをマウントする

FreeBSD 10.1-RELEASEKDE4をインストールしてみただけ - Qiita

限界までFreeBSDの環境を構築したい

 

 

準備

 

1.FreeBSD-11.1-RELEASE-amd64-memstick.imgをダウンロード

2.usbFreebsd11.1を書き込む、windows10にてwin32diskimagerを使用

3. 8 GB以上 のハードディスク

 

 

 

インストールは他のサイト様を参考にしてください。私はQiitaさんのサイトを参考にしました。

パソコンでインストール始めてすぐにkeyboardの設定ではまるでしょうjp106を選んでから一番上の行を選択しなければ先に進めません。

Freebsd11.1インストールしてからgnome3のインストールします。無事にインストールできてもそのあとの設定がうまくいかないのが素人でしょう。日本語の入力はibus-anthyでうごいています。

gnomeのデスクトップではgnomeの設定から地域と言語を日本語と日本語anthyの二つにしておきます。

そしてgnomeの設定からキーボードのタイピイングのショットカットキーを全角半角にする。

#ibus-setupでもいつものように全角半角にセットする。これで日本語入力はできる。

 

 

 

 

 

#pkg install gimp ja-gimp-help-html libreoffice ja-libreoffice japanese/font-std japanese/font-vlgothic japanese/font-takao firefox-i18n

 

 

上記の必要と思われるものをインストールして、参考サイト様をみて設定変更してもなかなか日本語表示ができませんでした。決め手はgnomeの設定にありました。#nano /usr/local/etc/gdm/locale.conf

 

LANG="ja_JP.UTF-8"

LC_CTYPE="ja_JP.UTF-8"

LC_MESSAGES="ja_JP.UTF-8"

 

 

上記のように変更するとアプリの表示が日本語になりました。そのほかvisudo usbの読み込むなどにはまっていました。usbはとりあえず。

 

# mount_msdosfs -L ja_JP.UTF-8 -D CP932 /dev/da0s1 /mnt

 

上記のように端末に入力して/mntのフォルダクリックで見ています。

 

freebsdはインストールと設定はたいへんですが、すごく軽快にうごくosです。以下参考画像。

 

Screenshot from 2018-04-07 18-27-35.jpg

私の場合#nano /etc/rc.conf

 

Screenshot from 2018-04-07 18-25-03.jpg

$ locale

 

Screenshot from 2018-04-07 17-19-02.jpg

トンイ

FreeBSDでのFirefoxの日本語表示firefox59.02です。
URL バーに about:config と入力してから一覧表示されているとき任意ところで右クリックする。
表示されたメニューから [New] > [String] を選択。
intl.locale.requested を入力して [OK]、続けて ja を入力して [OK] する
firefoxのツールのアドオンにてjapanese languagesを有功にする。

 

Screenshot from 2018-04-07 17-18-19.jpg

screenfetch画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:freebsd gnome3
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

rfriends linuxでラジオ録音 [パソコン・物欲]

お仕事の方はご苦労様です。

今回の私のパソコン古くてちょっとなかなかお目にかかれないようなNECパソコン

ハードディスクをssdに交換しています。それでyoutubeがやっと見れる状態です。

osbasix3.0 32bit lxde

 

 

今回このパソコンをlinuxでラジオを録音しようとしています。

すでにwindows10では「どがらじ」というソフトを使っています。


 

rfriends    今回利用させていただくソフト。端末で動きます。開発者はplamo osで有名なこじまみつひろさんです。このソフトは録音専用で音は出ません。作者と同じ環境にするためにubuntu系のbasix3.0 32bitosを使用しています。

basix3.0最初のログインはopenboxにする。戻ってからlxdeにログインできる。

 

追記ubuntu  64bitでも動きました。(正確にはVoyager osです)

 

 

開発版 : 2.6.0z

      初期導入用 rfriends2_2.6.0z_20171227_full.zip
      更新用   rfriends2_2.6.0z_20171227_script.zip

使用説明書

私は更新用を使っています。解凍してできたフォルダを自分の/home/satou/フォルダに置きます。

解凍してできたフォルダ rfriends2のなかに/home/satou/rfriends2/ex_tools.shというのがあります。これを端末にパスを貼り付けenterキーで実行させます。動かない時はpcmanfmなどのファイルマネージャーでアクセス権の変更をしてください。これですべての準備は終了です。

 

解凍してできたフォルダ rfriends2のなかに/home/satou/rfriends2/rfriends2.shがあります。これが実行ファイルです。これを端末で実行させます。

このあとは自分の目的の番組録音するためにひたすら選択数字を端末に入力するだけです。

 

私の目的の番組はラジオ深夜便2時台から3時台の歌番組です。

ぱそこんを一晩起動させておくわけですが、たぶんそれだけでは失敗すると思います。

そこでcronというソフトを使うらしい。web上に詳しい説明がいっぱいあります。私は以下のようにしています。

#crontab -e

05 02 * * * /home/satou/rfriends2/rfriends2.sh

/home/satou/rfriends2/rfriends2.shを実行して8を入力、そして2を入力して上記を記入する。

8. [設定] デイリー処理 (crontab)

1 読込 2 編集 3 書出 4 デイリー追加

 

 

心配症なので以下も実行。

#/etc/init.d/cron start

#systemctl enable cron

予約番組を登録したあとはパソコンを起動しておいて、おやすみなさいです。

録音して/home/satou/rfriends2/usr/radiru/フォルダに〇〇〇〇m4aファイルができていました。

以下参考画像。

rfrends1.jpg

番組選択中カンマで仕切れば複数入力可能。

 

rfrends2.jpg

 

#crontab -eを実行中

 

 

rfrands3.jpg

deadbeefプレイヤーでm4aファイル再生中 端末再生用ソフトmocもいい。

 

 

rfrands4.jpg

screenfetch画像

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

audiophile linux v4 [パソコン・物欲]

AP Linux v4 install

お仕事の方はご苦労さまです。
AP Linux v4がリリース2017-4されてからまもなく一年になろうとしている。
わかってはいましたが、ダウンロードできなくて困っていました。
今回の私のパソコンはi7-2600k  osはAP Linux v4 グラフィックカードはGeForce GTX 550 Ti

apl-v4.iso


上記のサイトでダウンロードできるとおもいます。



AP Linux v4 install
ホームページの解説を見てインストールできた。v3より容易になったとおもいます。


準備する
1.apl-v4.iso起動させるためのusbメモリー
2.バソコン内蔵ssdなど25gb以上の空きがあること。ext4フォーマット。

上記の準備は他のosでしました。

次からの作業はインストールしたいパソコンでapl-v4.isoを起動させておこなう。マルチブートosも可能です。
私の場合は内蔵ssdなかにインストールした。マルチブート五番目のosとしてsda8のパーテションにいれた。
マルチブートなのでgrub-installはぬかした。
$fdisk -lでハードディスクの一覧がでるのでそれをみてまちがわないようにする。
# mount /dev/sda8 /mnt
# time cp -ax / /mnt
# arch-chroot /mnt /bin/bash
# cd /etc/apl-files
# ./runme.sh
# grub-install --target=i386-pc /dev/sda
# grub-mkconfig -o /boot/grub/grub.cfg
# passwd root
# ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
# hwclock --systohc --utc
# ./autologin.sh
# exit
# genfstab -U /mnt >> /mnt/etc/fstab
# reboot

arch linuxよりも容易にインストールできる。
-----------------------------------------------------
X-terminalの表示を普通サイズにする。最初はterminalも使えないので、exit sessionをクリックしてfluxboxからはなれて作業をする。
#nano /home/satou/.fluxbox/menuの72行目を以下のようにする
[exec] (X-terminal) {terminator --geometry=640x480}
--------------------------------------------------------
再起動しても、いろいろ不具合がある。scim-anty firefox pulseaudioなどインストールしたが
keylingのエラーがでてインストールできなかった。AP Linux v4が素人にこわされないように
警戒しているとおもわれる。#nano /etc/pacman.confの40行を以下のように記入した。

SigLevel    = Never
#SigLevel    = Required DatabaseOptional

これでインストールができる。不用意にいろいろインストールするとこわれるでしょう。
-----------------------------------------------------
私の場合以下をインストールした。
pacman -Syu
pacman -S leafpad pulseaudio pavucontrol ossp otf-ipafont scim-anthy qt4 scrot deadbeef
日本語化は# nano /etc/locale.conf
LANG=ja_JP.UTF-8

LC_NUMERIC=ja_JP.UTF-8

LC_TIME=ja_JP.UTF-8

LC_MONETARY=ja_JP.UTF-8

LC_PAPER=ja_JP.UTF-8

LC_MEASUREMENT=ja_JP.UTF-8
-------------------------------------------------------
#nano /etc/profile・・・・・・追記

export XMODIFIERS=@im=SCIM

export GTK_IM_MODULE="scim"

export QT_IM_MODULE="scim"

setxkbmap jp

scim -d
----------------------------------------------------------
#nano /etc/locale.genと# locale-genでロケールをja_JP.UTF-8 にする。

----------------------------------------------------------
$nano /home/satou/.fluxbox/startupに以下を記入。
setxkbmap -layout jp&
pulseaudio&
-----------------------------------------------------------


firefoxはエラーが出て起動しなかった。他のosでfirefoxをダウンロードして解凍したものを/usr/lib/に#nautilusでいれた。/home/satou/.fluxbox/menuの適当なところに以下を記入した。
[exec] (Firefox) {/usr/lib/firefox/firefox}
--------------------------------------------------------------
scrotの起動の設定は/home/satou/.fluxbox/keysの末尾に以下を記入した。
Print : ExecCommand /usr/bin/scrot
--------------------------------------------------------------
今回のパソコンはグラフィクGeForce GTX 550 Tiでなにもしなくても綺麗に描画された。古いパソコンでnvidiaドライバーをインストールしたい場合は次を参照されたし。以下参考画像
ap-linux4.jpg
screenfetch画像
ap-linux1.jpg
deadbeef画像
ap-linux.jpg
cantata画像 cantataを止めても音声が止まらない時は$killall mpdで止まる。
ap^linux2.jpg
firefoxは最新firefox59.0 後宮の涙
以下は素人の荒技。
------------------------------------------------------------
toolbarをlxpanelに変える。#pacman -S lxpanel
/home/satou/.fluxbox/initに以下を記入
session.screen0.toolbar.visible:    false
session.screen1.rootCommand:    lxpanel -l
-----------------------------------------------------------
/home/satou/.fluxbox/startupの中間にlxpanel&と記入する。
-----------------------------------------------------------
わたしの現在のfluxbox-theme丸写し
上記のfluxboxthemeの二個をミックスした。
/home/satou/.fluxbox/stylesのなかにテキストファイルとして保存して使用する。
他のosのfluxboxでも使用可能、末尾のフォントは適宜変更されたし。パーミッション(アクセス権)に注意して。
----------------------------------------------------------------------------------------
# Based on Adapta GTK theme by Adapta Project (https://github.com/adapta-project/adapta-gtk-theme) and on Arc Dark Fluxbox theme by Alfonso Saavedra "Son Link" <sonlink.dourden@gmail.com>

style.name: Adapta for Fluxbox
style.author: spaceille

# FONTS
menu.frame.font: Noto Sans UI-11
menu.title.font: Noto Sans UI-11:bold
toolbar.clock.font: Noto Sans UI-13:bold
toolbar.workspace.font: Noto Sans UI-11:bold
toolbar.iconbar.focused.font: Noto Sans UI-12:bold
toolbar.iconbar.unfocused.font: Noto Sans UI-12
window.label.focus.font: Noto Sans UI-11:bold
window.label.unfocus.font: Noto Sans UI-11

# Toolbar
toolbar.height: 38
toolbar.justify: center 
                               
toolbar.color: #222D32

toolbar.shaped: false          
               
toolbar.clock: flat
toolbar.clock.color: #222D32
toolbar.clock.justify: center                 
toolbar.clock.textColor: #D3DAE3
               
toolbar.workspace.color: #222D32
toolbar.workspace.justify: center
toolbar.workspace.color: #222D32
toolbar.workspace.colorTo: #222D32
toolbar.workspace.textColor: #D3DAE3
 
toolbar.button: flat
toolbar.button.pixmap: button.xpm
toolbar.button.color: #222D32
toolbar.button.colorTo:        
toolbar.button.picColor: #33C9DD
toolbar.button.pressed: flat
!toolbar.button.pressed.pixmap: root-menu-hover.xpm
toolbar.button.pressed.color: #222D32
toolbar.button.pressed.colorTo:
toolbar.button.pressed.picColor: #808791
 
toolbar.iconbar.empty:
toolbar.iconbar.empty.color: #222D32
toolbar.iconbar.empty.colorTo:
 
toolbar.iconbar.focused.borderWidth: 0
toolbar.iconbar.focused.borderColor:           
toolbar.iconbar.focused:                               
toolbar.iconbar.focused.pixmap: panel.xpm
toolbar.iconbar.focused.colorTo:               
toolbar.iconbar.focused.textColor: #D3DAE3
toolbar.iconbar.focused.justify: center

toolbar.iconbar.unfocused.borderWidth:
toolbar.iconbar.unfocused.borderColor:
toolbar.iconbar.unfocused:
toolbar.iconbar.unfocused.color: #222D32
toolbar.iconbar.unfocused.colorTo:
toolbar.iconbar.unfocused.textColor: #808791
toolbar.iconbar.unfocused.justify: center

menu.title:                flat
menu.title.pixmap:            title.xpm
menu.title.justify:            center
menu.title.color:            #
menu.title.colorTo:            #
menu.title.textColor:            #

menu.frame:                Bevel1 Gradient Vertical
menu.frame.pixmap:            menu.xpm   
menu.frame.justify:            left
menu.frame.color:            #
menu.frame.colorTo:            #
menu.frame.textColor:                #4d4d31

menu.hilite:                flat
menu.hilite.pixmap:            selected.xpm
menu.hilite.color:            #
menu.hilite.colorTo:            #
menu.hilite.textColor:            #000000

menu.selected.pixmap:           
menu.hilite.selected.pixmap:       

menu.unselected.pixmap:       
menu.hilite.unselected.pixmap:       

menu.itemHeight:            16
menu.titleHeight:            1
menu.bevelWidth:            1

menu.borderColor:            #bfbdae
menu.borderWidth:            0
menu.bullet.position:            Right
menu.bullet:                pixmap
menu.bullet.position:            Right
menu.bullet:                empty

menu.submenu.pixmap:            bullet.xpm       
menu.hilite.submenu.pixmap:        bullet_hilite.xpm

# Menu
#menu.itemHeight: 30
#menu.titleHeight: 30

#menu.title: flat
#menu.titleColor: #FDFDFE
#menu.title.textColor: #5B6469
#menu.title.justify: center

#menu.frame: flat solid
#menu.frame.color: #FDFDFE
#menu.frame.textColor: #5B6469
#menu.frame.disableColor: #A7ABAE

#menu.hilite: flat solid
#menu.hilite.color: #E7E9EA
#menu.hilite.textColor: #263238

#menu.borderColor: #455A64

# Active window
window.bevelWidth: 0
window.roundCorners: top-left top-right
window.title.height: 30
window.title.focus: raised solid
window.title.focus.color: #222D32
window.title.unfocus: raised solid
window.title.unfocus.color: #222D32
window.title.separator.color: #222D32
window.justify: center

window.title.height: 30
window.title.shadow: 0

window.label.focus.pixmap: title.xpm
window.label.focus: flat solid
window.label.focus.color: #222D32
window.label.focus.textColor: #ffffff
window.label.unfocus: flat solid
window.label.unfocus.color: #222D32
window.label.unfocus.textColor: #808791

window.handle: flat solid
window.handle.color: #222D32
window.handle.focus: raised solid
window.handle.focus.color: #222D32
window.handle.unfocus: raised solid
window.handle.unfocus.color: #222D32

window.grip: flat solid
window.grip.color: #222D32
window.grip.focus: raised solid
window.grip.focus.color: #222D32
window.grip.unfocus: raised solid
window.grip.unfocus.color: #222D32

window.button.unfocus: flat solid
window.button.unfocus.color: #222D32
window.button.unfocus.picColor: #A3ADB1

window.button.focus: flat solid
window.button.focus.color: #222D32
window.button.focus.picColor: #33C9DD

window.button.pressed: flat solid
window.button.pressed.color: #444F54
window.button.pressed.picColor: #33C9DD

window.close.pixmap: close-active.xpm
window.close.unfocus.pixmap: close-inactive.xpm
window.close.pressed.pixmap: close-pressed.xpm

window.maximize.pixmap: maximize-active.xpm
window.maximize.unfocus.pixmap: maximize-inactive.xpm
window.maximize.pressed.pixmap: maximize-pressed.xpm

window.iconify.pixmap: hide-active.xpm
window.iconify.unfocus.pixmap: hide-inactive.xpm
window.iconify.pressed.pixmap: hide-pressed.xpm

window.stick.pixmap: stick-active.xpm
window.stick.unfocus.pixmap: stick-inactive.xpm
window.stick.pressed.pixmap: stick-pressed.xpm

window.stuck.pixmap: stick-toggled-active.xpm
window.stuck.unfocus.pixmap: stick-toggled-inactive.xpm
window.stuck.pressed.pixmap: stick-toggled-pressed.xpm

window.shade.pixmap: shade-active.xpm
window.shade.unfocus.pixmap: shade-inactive.xpm
window.shade.pressed.pixmap: shade-pressed.xpm

window.unshade.pixmap: shade-toggled-active.xpm
window.unshade.unfocus.pixmap: shade-toggled-inactive.xpm
window.unshade.pressed.pixmap: shade-toggled-pressed.xpm

window.menuicon.pixmap: menu-active.xpm
window.menuicon.unfocus.pixmap: menu-inactive.xpm
window.menuicon.pressed.pixmap: menu-pressed.xpm

window.handle.focus.color: #222D32
window.handle.unfocus.color: #222D32
window.handleWidth: 2

window.lhalf.color: #222D32

*font:                    ipagp-13:book

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

XenialDog 64 2018 [パソコン・物欲]

お仕事の方はご苦労さまです。

相も変わらずlinuxであそんでいます。

 

今回の私のパソコンは、i7-920 GeForce GTS 250 osxenialdog64

 

XenialDog_64bit-openbox_jwm-2017-01-22-firmware-all.iso

 

xenialdog64stretchdog64と似ていますが多少ちがいます。 GeForceのグラフィックカードで動くパソコンはおそらく真っ黒画面で起動するでしょう。ctrl+alt+F2で端末をだし、puppy でログインして、#apt-get update そして#apt-get install xserver-xorg-video-allをインストールして#startxで起動するでしょう。

 

 

インストールはstretchdog64を参照してください。

 

日本語化

#apt-get install fonts-vlgothic uim uim-anthy im-config locales

#dpkg-reconfigure locales

#ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

#leafpad /etc/default/keyboard

 

XKBMODEL="jp106"

XKBLAYOUT="jp"

XKBVARIANT=""

XKBOPTIONS="terminate:ctrl_alt_bksp"

BACKSPACE="guess"

 

 

 

今回私のやったことは 一般ユーザーで自動起動する。xenialdog64でもできます。

1.一般ユーザーで自動起動する。

2.firefoxを最新にする。

 

3.nvidiaドライバーのインストール

 

 

今回の作業はメニュー→system→add new userで自分のユーザー名を作成して作業をする。

ctrl+alt+F2から自分のユーザー名でログインする。自動ログイン参考サイト様

 

$ sudo systemctl edit getty@tty1

 

上記でnanoエディッターが起動するので次の内容を記述

 

[Service]

ExecStart=

ExecStart=-/sbin/agetty --autologin 自動ログインするユーザ名 --noclear %I 38400 linux

 

これを設定すると、 /etc/systemd/system/getty@tty1.service.d/override.conf に設定ファイルが作成される。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

つぎにfirefoxを最新にするにはupdateするだけなんですが。pulseaudioはインストールしなくてはなりません。以下をインストールする。

#apt-get install osspd-alsa osspd-pulseaudio pulseaudio-esound-compat ffmpeg pavucontrol

 

それからpulseaudioを自動起動させる。私の場合は/home/satou/Startup/pulseaudioを作成し以下を記入した。ファイルのパーミッション(アクセス権)にチェックを入れるのを忘れないで。

#!/bin/bash

pulseaudio &

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

nvidiaドライバーのインストールは以下をインストールする。一般ユーザーでログインしているときに行うこと。

#apt-get install xserver-xorg-video-all mesa-common-dev freeglut3-dev nvidia-○○○

 

 

 

 

 

xenialdog64はふつうのosよりは手間がかかりますが、puppyの特徴であるpuppy frugal installや一瞬で初期状態にもどすことができるなどはそのまま維持されています。

 

2018-03-09-1.jpg

xenialdog64のリス

 

 

2018-03-09-3.jpg

screenfetch画像

 

 

2018-03-09-2.jpg

後宮の涙

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

debian +nvidia 2018 [パソコン・物欲]

お仕事の方はご苦労様です。

あいもかわらずlinuxであそんでいます。

debian1993816日初リリースされている。ubuntudebianの派生です

今回の私のパソコンはi7-920 osdebian9.3 xfce4デスクトップ

 

debian-live-9.3.0-amd64-xfce.iso

 

 

Debian9.3インストールは難しくありません。

日本語化は$ im-configを実行するだけで、uim-mozcが利用できる。

 

 

debianの問題はnvidiaドライバーのインストールで失敗してしまうことでしょう。

私は何度も失敗して起動できなくしてしまいました。参考サイト様

 

準備する。

# apt-get update

# apt-get install mesa-common-dev freeglut3-dev

 

 

 

nvidiaのインストール、今回私はnvidia-340をインストールしました。

NvidiaGraphicsDrivers - Debian Wiki

# nano /etc/apt/sources.list 以下を追記

deb http://httpredir.debian.org/debian/ stretch main contrib non-free

# apt update
# apt install linux-headers-$(uname -r|sed 's/[^-]*-[^-]*-//') nvidia-legacy-340xx-driver
以上で終了、再起動できます。

debiandog(puppy)も同じ要領でnvidiaドライバーをインストールすることができる。
debiandog(puppy)sources.listなど変更しなくともインストールできる。以下参考画像
debian.jpg
screenfetchの画像

debian2.jpg
後宮の涙

 

 

 


タグ:debian-stretch9
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

debiandog64-Stretch 2018 [パソコン・物欲]

お仕事の方はご苦労さまです。

相変わらずlinuxで遊んでいます。今回の私のパソコンはi7-860 osdebiandog64-stretch

 

 

 

debiandogも正常進化しているとおもいます。

puppyといえば常にrootでの使用になります。

debiandogは一般ユーザーとなって使用することができる。メニュー→システムのなかにadd new userという項目がある。add new userを設定してからctrl+alt+F2で一般ユーザーにログインしてstartxすすめる。

 

常に一般ユーザーで使用するならば/etc/inittab 53行目に設定したユーザー名をrootといれかえる。メニュー→システムのなかにstart/stop slim display-managerの項目があります。start/stop slim display-managerを有功にする。

 

 

StretchDog64-openbox_xfce-jwm-2017-10-10.iso

 

099-locales-stretch.squashfs

 

61-DEVX-Stretch-20180113-k4.9.0-5_amd64.squashfs

 

 

インストールはliveフォルダを作成してコペパで終了。上記のsquashfsファイル二個もliveフォルダに入れる。

 

 

マルチブートubuntu update-grub

で設定する。debiandogの起動はほかのpuppyとはちがうためすでにあるpuppyのフォルダの流用などはできません。

 

/etc/grub.d/40_custom の記入例 これでchangesというフォルダが自動作成されるようになる 参考サイトさま

 


menuentry 'DebianDog64' {
set root='hd0,msdos1'
linux   /live/vmlinuz1 noauto from=/ changes=/live/
initrd  /live/initrd1.xz
}

 

 

 

 

 

メニュー→システムのなかには言語設定、時刻設定、キーボード設定する項目があるがあまり役に立っていません。言語設定はそのままつかえる。時刻設定は端末で

# ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

メニュー→設定の中にdog control centerがあります。時刻設定ではこちらのほうが優先されるようです。

 

 

キーボードは参考サイトさまのとおりにする。

#leafpad /etc/default/keyboard

 

 

XKBMODEL="jp106"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS="terminate:ctrl_alt_bksp"
BACKSPACE="guess"

 

日本語化のために以下をインストール
apt-get update

apt-get install fonts-vlgothic uim uim-anthy im-config

 

再起動必須。

 

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

つぎにfirefoxを最新にするダウンロードするpulseaudioはインストールしなくてはなりません。以下をインストールする。

#apt-get install osspd-alsa osspd-pulseaudio pulseaudio-esound-compat ffmpeg pavucontrol

 

それからpulseaudioを自動起動させる。私の場合は/home/satou/Startup/pulseaudioを作成し以下を記入した。ファイルのパーミッション(アクセス権)にチェックを入れるのを忘れないで。

#!/bin/bash

pulseaudio &

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

nvidiaドライバーのインストールは以下をインストールする。一般ユーザーでログインしているときに行うこと。

#apt-get install mesa-common-dev freeglut3-dev nvidia-○○○

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

メニュー→システムのなかにはstart openbox とかstart jwmの項目があるので自由にwmを選択できる。jwmのメニューは最初は豆腐状態になる。/home/satou/.jwmrcと/home/satou/.jwm/jwm.tailのフォントの設定をVL-Gothic-Regularに変える。

 

 StretchDog64はマザーボードの相性が悪いパソコンもあったけれどおおむね新旧のパソコンで起動できる優秀なosに仕上がっている。ほかのosより音がいいような気がする。

 

 

以下参考画像

 

2018-02-19-4.jpg

debiandog openbox

 

2018-02-19-3.jpg

debiandog jwm

 

2018-02-19-1.jpg

screenfetch画像

 

2018-02-19-2.jpg

後宮の涙

 

 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

xenialpup64-7.5 [パソコン・物欲]

お仕事の方はご苦労様です。
puppy linuxで遊んでいます。
今回の私のパソコンは、i7-2600 os xenialpup64    xenialpup64-7.5-uefi.iso


参考サイトさま抜粋Xenialpup64用日本語化パックダウンロード

by Zstep » 17/10/28(土) 02:08
Xenialpup64 7.0.8.6に対応するために少し手を加えました
http://murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=107331

サイズ 39.0MB (40847360bytes)
ORIGINAL lang_pack_ja-xenial64e.tar
PASS slink         ←パスワード設定あり
ダウンロード後のファイル名 Pp16135.tar
tarで圧縮してあります解凍してお使いください
http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp16135.tar.html

lang_pack_ja-xenial64e.sfsを使用  再起動必須。


日本語入力に失敗するとき以下を試してみる。fcitxの再起動。
#killall fcitx
#fcitx
xenialpup64-7.5の日本語化は素人では難しいでしょう。
私はscim-anthy ibus-anthy uim-anthy fcitx-anthyそれぞれためしてみましたがまともに動きませんでした。
Zstepさま謹製のsfsは素晴らしい。
おかげさまでfcitx-mozcが快適につかえてます。以下参考画像
xenialpup64-3.jpg
xenialpup64-1.jpg
screenfetch画像
xenialpup64-2.jpg
後宮の涙

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

LxPupSc  2018 [パソコン・物欲]

相変わらずlinuxで遊んでいます。
puppy linuxはオーストラリアの Barry Kaulerさんによって2003年初リリースされた。

今回私のパソコンi7-4790k  マザーボードGA-Z97X-GAMING 3 (GIGABYTE ) 



osは、LxPupSc GIGABYTEのマザーボードとの相性が抜群によかった。
puppyは新しめのパソコンでは不具合が多いのがふつう。


インストールはusbからLxPupScを起動させて、ぱそこんのssdのsda2パーテションにフォルダを作成し、必要なファイルをコペパしてし終了です。 grubはssdに入っている(マルチブート)ubuntuで作成。  インストール後、最初の起動でxogrgwizardが自動で立ち上がるので1)から5)まですべて設定する。



lang_pack_ja-2.1.sfs 使用  再起動必須

---------------------------再起動で以下の作業は必要なし
/root/.jwm/jwmrc-themeを開きM+1P+IPAGフォントに直す。

日本語入力が出来ないときは/root/.xinitrcに以下を追記入する。

if [ -x /usr/bin/scim ] && echo $LANG| grep -qi '.utf'; then
  export XMODIFIERS='@im=SCIM'
  export GTK_IM_MODULE='scim'
  export QT_IM_MODULE='scim'
  export LC_CTYPE=$LANG
  [ -x /usr/bin/scim-bridge ] && export GTK_IM_MODULE='scim-bridge'
  ls /tmp/scim-helper-manager-socket* &>/dev/null || /usr/bin/scim -d
fi
-----------------------------------------------------------------------------------

puppyの使用の心構えは多くのアプリをインストールしないと言うのが原則でしょう。以下参考画像

トップ33.jpg
メニューsetupクリックしてswitch lxde< >jwmでjwmを使用しています。
トップ355.jpg
トップ322.jpg
後宮の涙
トップ666.jpg
screenfetch画像


 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

antergos いまさら [パソコン・物欲]

linuxであそんでいます。今回の私のパソコンはi7-4790K GeForce GT 710 antergos

xfce4デスクトップ。新しめのパソコン。

 

 

antergos arch派生の人気のあるosでしょう。久しぶりにインストールしてみた。インストール終了後初起動は画面真っ黒でした。ctrl+alt+F1でログインして端末をだして。nvidiaドライバーをいれる。

#pacman -S nvidiaをインストールした。それから#nvidia-xconfigをしてrebootしても起動しない。

 

 

いろいろ検索してもよい解決方法が見つからなかった。つぎの参考サイトさまの方法が有効でした。

/etc/X11/xinit/xinitrcをホームホルダーにコピーして、/home/satou/.xinitrcにおく。そして以下を/home/satou/.xinitrc最初のほうに記入する。

 

xrandr --setprovideroutputsource modesetting NVIDIA-0

 

 

 

 

 

これで気をよくした私はこのパソコンにarch系のosを入れることにした。https://distrowatch.com/

 

 

 

Solus(これはarch系ではない) kaos BBQlinux Arch Antergo 以上os5個いれてみた。どれも軽快に動くosでしょう。

 

kaos 日本語化はむずかしくありませんが、一つ問題が解決できませんでした。それは後からインストールしたfirefoxgoogle-chromの日本語入力ができないことです。Qupzillaのプラウザは日本語入力ができる。

 

BBQlinuxはおいしそうな名前のosですが、Android Studioが容易にはじめられるようにしてありました。とは言っても素人には手に負えませんが。以下参考画像

 

antergos.jpg

antergos

 

 

 

arch.jpg

arch

 

 

 

BBQ.jpg

BBQlinux

 

 

 

kaos.jpg

Kaos

 

 

 

solus.jpg

solus

 

 

 

 

 

 

 

 


タグ:antergos
nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット
前の10件 | - パソコン・物欲 ブログトップ